尿酸値が高い 高尿酸血症

尿酸値が高いとやがて通風の可能性が大

尿酸値が高いからといってすぐに通風だというわけではありません。

 

 

現に、私も健康診断で規定値の7.0を超えてしまったわけですが。。。

 

 

 

でも、そのときの診断はお酒の飲みすぐには注意してくださいね。。といった具合でした。

 

 

 

お酒を毎日飲んでいる人は尿酸値が上がりやすいようです。

 

 

 

だからといって安心できるものでもありません。ほかにも肥満が原因でも尿酸値がUPするようです。

 

 

 

ですが、これら以外に本当に通風予備軍としての高い尿酸値の場合もあるので、やはり十分意識する必要があります。

 

 

 

尿酸の基準値は2.1〜7.0なので、基準値内が適正だからです。

 

 

 

尿酸値基準を超えてしまうと高尿酸血症ということで通風の可能性がとても大きくなることも事実であるからです。

 

 

 

問題なことは特に症状が出ていないからといって放置することです。

 

 

 

高尿酸を放置することで、毎年尿酸値が高いままであると急に激痛に襲われる症状が出るかもしれませんから。

 

 

 

尿酸値が高いと通風になる危険性があるということは十分認識する必要があります。

 

尿酸値が高いと合併症の可能性も。。

お酒や肥満かもしれないけど尿酸値が高いとしても、やはり数値的には異常なわけです。

 

 

 

ちょっと飲みすぎたから。。。最近太っちゃったから。。。ということではなく、尿酸値を下げることを意識する必要があります。

 

 

 

そもそも規定値をオーバーしているわけですから。。

 

 

 

そして、高い尿酸値が続くとほかの危険も出てくる可能性があります。

 

 

 

  • 関節炎

 

 

尿酸結晶が関節にたまって激痛を伴う炎症が起こるかもしれません。炎症なので、関節部分が腫れ上がり曲げることが困難になります。

 

 

 

特に、足の親指の付け根に起こりやすいとされています。

 

 

 

  • 腎障害

 

 

健康診断の結果を見ればわかりますが、尿酸は腎機能の検査項目です。

 

 

 

尿酸は結晶となり腎臓に沈着することで、腎臓本来の機能ができなくなります。

 

 

 

腎臓の機能はとても大切な働きをしているので、更に悪化すると透析(腎臓の機能の代わりに血液を浄化すること)の可能性も出てくるとても危険なものです。

 

 

 

 

ほかにも尿路結石など日常生活に支障をきたすのが高尿酸血症ともいえます。

 

 

 

こういった合併症のことを考えればやはり、直せるときに直すべきではないでしょうか。

 

 

 

ちなみに尿酸値が10を超える人は赤信号です。

 

 

 

おそらく健康診断でも再検査など言われていると思いますので、お医者さんの指示に従いましょう。

 

 

 

高尿酸で怖いのは腎機能障害です。

 

 

高尿酸と生活習慣病

その昔は通風といえば40代、50代の病気でしたが、近年では生活習慣の変化に伴いもっと若い世代の方も通風になる人が増えています。

 

 

 

20代でも通風と診断されることが多いようです。

 

 

 

高尿酸から高脂血症とか、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を合併しやすいそうです。

 

 

 

高尿酸血症だけかと思ったら、ほかにも指摘を受ける可能性が出てくるとそここそ大変です。

 

 

 

病状に気付かないうちに実は進行しているかもしれません。

 

 

 

気付いたときには病院通いを告げられることも十分ありえるので、規定値内に収めるようする必要があるということですね。

 

 

 

30代、40代の働き盛りでは仕事の量も増え仕事優先になりがちですが、その前に自身の健康のことを考えることは大事ですよね。

 

 

 

前年度の健康診断の結果と比べてどうなのかということをちゃんと考える必要があります。

 

 

 

ただ単に、去年よりも太ったな。。。としだから。。。

 

 

 

などと簡単に済ませることなく、判定結果がよくなければ改善するよう努力も必要だということです。

 

 

 ⇒ 通風には白井田七

 

 

 

 

関連ページ

尿酸とは何者?
通風といえば尿酸。尿酸といえばプリン体。プリン体=通風ではないようです。
高尿酸の原因とは
どうして尿酸は増えてしまうのでしょう?尿酸値が高い 原因とはいったい何なのでしょうか。
尿酸値9.0以上が続くと
尿酸値が9.0以上が続くと尿酸結晶化の可能性がとても高くなります。ということはいつ通風発作が出てもおかしくないということです。
通風と合併症
通風で怖いのは関節の炎症ではなく合併症です。高尿酸が続くと腎臓などへの影響も考慮する必要があるかもしれません。
メタボと尿酸値の関係
メタボリックシンドローム。いわゆる肥満、太りすぎです。意外にも尿酸値と深い関係があるみたいです。