痛風 尿酸とは

尿酸ってなに?

通風に連想される言葉として、「尿酸」「プリン体」があります。

 

 

 

通風とどのような関係性があるのでしょうか。

 

 

 

そもそも通風とは高尿酸の結果なので、通風の原因である尿酸とは、簡単に言うと老廃物です。

 

 

 

もう少しいうと、新陳代謝によってプリン体を元に作られたものが尿酸(老廃物)ということです。

 

 

 

なので、誰もが体内に持っているものなのです。

 

 

 

それが多くなること。つまり高尿酸状態とは体内に老廃物がたまってしまうことです。

 

 

 

最近プリン体ゼロのビールなどと、通風の人も飲んでください。というビールがあります。

 

 

 

プリン体を含まない食生活ならば大丈夫なのでしょうか?

 

 

 

そうではないみたいです。

 

 

 

そもそもプリン体は体内で作られるので、食事などで摂取しないからといってまったくのゼロではないからです。

 

 

 

プリン体は生きていくうえで欠かせない新陳代謝によりできる物質なんだそうです。

 

 

 

つまり、誰でもいつでも体内にあるということなんです。

 

尿酸は体内で作られるけど捨てられる

尿酸は生命を維持するためのいわゆる体内のごみです。

 

 

 

そのごみが体内にたくさんあるといけないということです。

 

 

 

ではどうするのかというと、尿として体外へ排出する仕組みを持っています。

 

 

 

不思議なもので、体内で作られた分と同じ程度の量が捨てられる仕組みなんだそうです。

 

 

 

つまり正常であれば尿酸が作られる量と捨てられる寮はほとんど同じなんです。

 

 

 

しかし、高尿酸血症の場合はこのバランスが崩れた状態で、体内で作られる量のほうが多くい状態です。

 

 

 

そうなると悪いものが体の中に増えてしまうわけです。

 

 

 

尿酸は体内で溶けにくい性質があるります。

 

 

 

そして尿酸が増え続けた結果、尿酸は結晶化するのです。

 

 

 

この結晶化した尿酸が関節などに付いてしまい痛みを伴う炎症を引き起こしたりします。

 

 

 

つまり尿酸とは

 

 

・誰もが持っているもの

 

・新陳代謝によって作られるもの

 

・尿として体外へ排出されるもの

 

・増えると結晶化するもの

 

 

 

高尿酸血症だけならばよいのですが、その先に待っている尿酸の結晶化になるといろいろと人体にとって害になるものです。

 

健康診断で尿酸値が7.0を超えてしまった

尿酸値というぐらいなので、尿検査での結果だと思っている方も多いことでしょう。

 

 

 

しかし、尿酸値とは尿検査ではなく血液検査のひとつです。

 

 

 

つまり、血中の尿酸の量を調べているのですね。

 

 

 

先ほど尿酸は体内で作られるけど、尿として排出されますとお話しました。

 

 

 

排出されなかった尿酸はどうなるのかというと血中にあるのです。

 

 

 

高尿酸血症ということは血中に尿酸がたくさんある状態ということになります。

 

 

 

では、基準値の7.0mg/dlとはどのような意味なのでしょうか。

 

 

 

血液1デシリットルに何ミリの尿酸が入っているのかということになります。

 

 

 

その基準値7.0が血液中に尿酸が溶け込めるしきい値ということです。

 

 

 

つまり、7.0mg/dl以下であれば、血液中に溶け込むことができるのでやがて排出されます。

 

 

 

しかし、この限界値を超えてしまうと、溶け込めない尿酸が出てきます。

 

 

 

溶けきれない尿酸はやがて結晶化することが問題であるということです。

 

 

 

毎年お決まりのように尿酸値が7.0を超えている人やもしかしたらあちこちに尿酸が結晶化しているかもしれません。

 

 

どこで尿酸は結晶化するの?

排出されない尿酸は血液中に溶けこみます。

 

 

 

しかし、尿酸の量が多いと溶けきれない尿酸が出てきます。

 

 

 

その尿酸はやがて結晶化するのですが、どこで固まるのでしょう。

 

 

 

血液の中にあるから血液の中で固まるのでしょうか?

 

 

 

血液は絶えず流れているので血中では固まりません。血液の中で結晶kしたらとても大変なことになっているでしょう。

 

 

 

血液の中でhなく血管の外の組織の中で固まるそうです。

 

 

 

通風の場合は関節内の組織液の中で結晶化することで痛みを伴う炎症が起きるみたいです。

 

 

 

指が曲げられないのは辛いですよね。。。

 

 

関連ページ

尿酸値が高い(高尿酸血症)
尿酸値が高い状態を高尿酸血症と呼ぶそうです。健康診断で尿酸値が規定値をオーバーした人は注意してくださいね。
高尿酸の原因とは
どうして尿酸は増えてしまうのでしょう?尿酸値が高い 原因とはいったい何なのでしょうか。
尿酸値9.0以上が続くと
尿酸値が9.0以上が続くと尿酸結晶化の可能性がとても高くなります。ということはいつ通風発作が出てもおかしくないということです。
通風と合併症
通風で怖いのは関節の炎症ではなく合併症です。高尿酸が続くと腎臓などへの影響も考慮する必要があるかもしれません。
メタボと尿酸値の関係
メタボリックシンドローム。いわゆる肥満、太りすぎです。意外にも尿酸値と深い関係があるみたいです。